2019年05月24日

2019年05月23日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

2019/5/15-21らくがき似顔絵解説

ぽりすけのらくがき似顔絵解説。
最近はなるべく似顔絵の描き方などについても書くようにしてます。

映画タイトルは『 』内。続いて演じた人名。( )内が役名。
*後は似顔絵の解説。たまに映画の感想も。
(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略)


5/15『昼下がりの情事 古都曼荼羅』青山美代子(ちさ子)
*前にも書きましたが歯の記号化について。開いた口の中に線を入れると歯に
見える。真ん中に縦に1本引く前歯が目立っている『歯』そのものを描いた
ことになり、2本線を入れると意地悪そうなどの『性格』を描く記号になり、
3本引くとみっちりした歯並びの記号となり、また『歯』そのものを
描くことになる。
映画:ロマンポルノは(確か)10分に1回エロ入れれば監督の好きなように
撮ってよいため若手監督が野心的作品を作っていて、なかなか
感心するものも少なくない。食わず嫌いなく観てみよう。


5/17『女囚701号さそり』横山リエ(片桐)
*目の隈(クマ)を描きたい場合、下瞼の真下に目の近くに沿って描く。
目と遠い距離で引くと眼窩の窪み線に見えるから。
また下瞼ラインとほぼ同じ長さで引く。
これが目頭から線を引き始めて目より短い線で引き終わると
加齢のシワに見えるから。
映画:単独としては初監督作品となる伊藤俊也の、低予算を逆手にとった
撮り方が奇跡的な効果を生んだ傑作。


5/18『ふたりの死刑囚』袴田秀子(本人)
*見た目は、本当に婆さん(を描いた絵)のらくがき。
似てなきゃ単なるラクガキですが似てれば似顔絵になる。
一枚絵としての完成度が高くても似てなきゃ似顔絵としては失格。
映画:名ドキュメンタリー連発の東海テレビ制作ドキュメンタリーを映画化したもの。
映画化って言ってもテレビのものをそのまま映画館で流しただけでしょうが。


5/19『惜春』石山律(彦太郎)
*全部のパーツを必死に描く必要はなく、逆に眼目の箇所以外は
力抜いて描いた方がメリハリが出るので良いでしょう。
一枚絵としての完成度を競っているわけでは無いので。
この石山さんの絵は
眉と目パーツが眼目で、配置と形およびドラマでの
キャラクター上の表情をこの二つに込めていて、
鼻は石山さんの鼻の形をそのまんま描いただけ、
口はドラマキャラの人となりを出す記号としてだけのもの
となっております。
ドラマ:今は絶滅した1時間枠の単発TVドラマ。今見てみると
1時間で収めなければならない工夫が実によくされてますね。
今作も正味46分を過不足なく使い切っている脚本が実に好感持てます。


5/21『暁のガンマン』マリオ・アドルフ(ハリー)
*「人の良さそうな大男で何か不満気な情けない顔」
な絵に見えます。まぁそう描いたから当たり前なんですが、
映画上のキャラは入っているわけ。ではそれでマリオさん本人に
似ているのかどうか、です。私は似ていると思いますので(とりあえず)
似ているとしましょう。よってこの絵は
似ていて更に表情が豊かな絵になっている、わけです。これで似顔絵として合格です。
なお、大きく感情を出している顔を描く時は、描く対象の人物を掴んでいないと
似せられないと思います。
映画:コメディマカロニウエスタンですが、あんま笑えなかった。


今週の一枚
D7F-J1KUIAUFJIk.jpg-large.jpeg


プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 18:34| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週鶴見店は土曜日のみ営業です。

ポートレックス『にがおえやさん』
似顔絵実演店=似顔絵コーナー
今週の営業情報と担当似顔絵師についてのご案内です。

*5/26(日)シァル鶴見店は休業とさせていただきます。


『シァル鶴見店』(神奈川県)
(11〜18時営業 6階レストランフロア)
5/25(土)プロ似顔絵師 ポリスケ

・似顔絵業界最安値!色紙似顔絵お1人様=900円!安い!!
・完全色付きで色紙似顔絵がお1人様5分で完成!早い!!
・JR鶴見駅直結徒歩0分!
・プロ似顔絵師・漫画家・イラストレーターがお描きしてます
 安心しておまかせください!似てる!!
・過度に誇張しない優しいタッチの似顔絵です!かわいい!!
・プレゼントに似顔絵を♪写真から似顔絵も描けます!ペットもOK!便利!!

他店には無い、様々なサービス満載です。
是非ご来店ください。

最新の営業日時情報・ご来店予約などは、お気軽にお問い合わせください。
また最新の情報はツイッター
ポートレックス『にがおえやさん』
でもご確認いただけます。

プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 14:19| Comment(0) | 似顔絵実演店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

2019年05月21日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

2019年05月19日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

2019年05月18日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

2019年05月17日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

2019年05月16日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

2019/5/8-14ラクガキ似顔絵解説

ぽりすけのらくがき似顔絵解説。
最近はなるべく似顔絵の描き方などについても書くようにしてます。

映画タイトルは『 』内。続いて演じた人名。( )内が役名。
*後は似顔絵の解説。たまに映画の感想も。
(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略)


5/8『悪太郎』小島和夫(小石)
*「似顔絵は誇張すること」とよく聞きますが、
『省略』することの意義を他の人から聞いたことないです。
まぁ私が情弱なための情報不足なだけでしょうが。
しかし省略はとても重要なことです。
描き込めば描き込むだけより似ていく、訳ではありません。
見て得た情報を全て描くと情報が散漫になります。
敢えて描かない方が情報が洗練されるのです。
五語-七語-五語だけで表現する俳句は、短い言葉だけで世界観が表わされています。
正確には「表わされているように感じる」です。
そう感じるのは人間に想像力あるからです。
敢えて描かない方が見る人間の想像力に訴えることができるからです。
映画:熱狂的なファンのいる鈴木清順監督作。しかし観ていて感心したのは
何気ない庭や室内セットの美術=木村威夫の仕事っぷり。


5/9『多羅尾伴内シリーズ 戦慄の七仮面』高原秀麿(手塚)
*稚拙な肖像画とも言えるような絵ではあるが、どことなく味が
ある絵とも言える。まず、表情が出ていること。そしてらくがきとは言え、
線が見られる位には引けているからでしょう。だったら毎回これくらいの
線を引けってところですが、やる気にムラがあるからねー。
映画:片岡千恵蔵多羅尾伴内シリーズの1本。チエゾーの名推理っぷりがすごすぎる
ってのもだが、出てくる脇役達の殆どが犯人(の一員)ってのも慣れると楽しい。


5/11『一万三千人の容疑者』田畑孝(高井刑事)
*この役をやった田畑さんを知らなければ、クールなデカ顔男の絵って
だけにしか見えませんが、知らなくとも何処と無く味のある絵に見える。
わざと左右非対称に描いたことによる効果ですね。勿論それを狙ったわけですが。
映画:吉展ちゃん事件が解決した翌年に制作された際物映画。
なんか冒頭にヒューマニズムな言い訳入れてますけど、最新のショッキング事件を
扱ったキワモノ。


5/12『女必殺拳』早川絵美(絵美)
*本当にラクガキ。デビューしたての全然洗練されてない新人女優の
ロクに映らぬ画像から絵を描くのがそんなに嫌だったのか?
顔全体記号化されてるし、マヌケさも伝わるのだが、一枚絵として
見られることを全く意識してない。ラクガキという名の下に手抜き全開です。
映画:その昔、世界でブームのカンフー映画。それに乗っかるだけの
実に見上げた志の低さで制作されて尚且つシリーズ化もされた志保美悦子主演
空手映画の第1作目。主演志穂美よりサニー千葉が目立ちたくてグイグイ出てきます。


5/14『女必殺拳 危機一発』琳大興(本位田蝶三郎)
*ヌンチャクを振り回してるだけの狂人キャラを、描いただけのイラスト。
しかしもう情報がそれだけしかなかったのでこれは仕方ない。
映画:上記女カンフー映画シリーズ第二弾。鈴木則文&掛札昌裕作の
実に安っぽさが堪らない前作ばりの脚本のテイストはそのままに、
監督山口和彦のカズヒコテイストが今作ではスパーク。


今週の一枚
小島和夫.jpeg


プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 17:13| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする