2020年07月09日

2020/6/20-7/8らくがきにがおえ 解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル(+制作年と監督)
・俳優名(俳優ではない人もいます)
・劇中の役柄と名前
俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名はすべて敬称略。


6/20映画『女賭博師さいころ化粧』(1969大映 井上芳夫)
喜多大八(喧嘩を黙って見てるだけの 新庄の子分C)
6/21映画『女賭博師十番勝負』(1969大映 田中重雄)
正司照枝(三姉妹でなく二姉妹で料理屋をやってる おてる)
6/22TVドラマ『ドラマ人間#2』(1981堀川弘通)
若林哲行(フランキー堺と森本レオに製品貶されまくる車椅子メーカー社員)
6/23映画『劇場版仮面ライダーディケイド』(2009東映 金田治)
井上正大(変身前の生身の ディケイド)
6/24映画『札幌・横浜・名古屋・雄琴・博多 トルコ渡り鳥』(1975東映 関本郁夫)
東龍明(絵に描いたようなヒモ 利夫)
6/25TVドラマ『愛その日-前編』(1973東芝日曜劇場)
早川勝也(幼いのにヨイショが上手い 男の子)
6/26TVドラマ『愛その日-後編』(1973東芝日曜劇場)
中島元(配達先のプライバシーにズケズケ立ち入る郵便配達 中川)
6/27映画『地獄花』(1957伊藤大輔)
南左斗子(肉食女子 ヌルデ)
6/28映画『怪猫トルコ風呂』(1975東映 山口和彦)
早川リナ(仕事も食欲も旺盛で立派 鈴代)
6/29TVドラマ版『上意討ち 拝領妻始末より』(1992高瀬昌弘)
高井清史(軽口一言で殺されるけどあんま同情も出来ない 笠井三之丞)
6/30TVドラマ『思い違い』(1981TBS 東芝日曜劇場)
赤松秀樹(長山藍子をヘッドハンティングする二人の内の目立たない方の 男)
7/1TVドラマ『赤い夕日』(1985TBS 東芝日曜劇場)
香川三千(簡単に物騒なこと言う おしづ)
7/2映画『いつかギラギラする日』(1992深作欣二)
西沢正浩(当然のようにショーケンに殴られる ジャクスン・ジョーカーのボーカル)
7/3映画『約束』(1972斎藤耕一)
土田桂司?(護送中の犯人にとてもフレンドリーな 刑事)
7/4映画『不良街』(1972東映 野田幸男)
田辺進三(途中から忘れ去られるキャラ 宏)
7/5映画『戒厳令の夜』(1980山下耕作)
ルイス・エレナ・カルデナス(優しいけど顔は怖い バルデス夫人)
7/6TVドラマ『ドラマ・人間#3イエスの方舟事件』(1981テレビ朝日)
藤真利子(住み込み信者で一番目立ってた人 セイコ)
7/7TVドラマ『ちきしょう』(1986TBS 東芝日曜劇場)
菅野菜保之(「亭主のために女房泣かすのはあたりめえだろ」な 峰吉)
7/8映画『ビーチレッド戦記』(1967コーネル・ワイルド)
ノーマン・パク(先輩からの信頼も厚い兵隊さん ナカノ)


今回再録するのは
TVドラマ『愛その日-後編』(1973東芝日曜劇場)で
郵便配達夫を演じた中島元さんの絵です。

絵としても似顔絵としても上手くもないのですが
一点「似てる」ってとこだけですね。
ドラマ上で、配達先の家人に手紙の内容を
「見せてみい!」と詰め寄る、郵便配達として相当どうかしてる
その(役上の)人となり が出てると思う。
(あとはまあ絵を選ぶのが面倒だから。)

またググって中島さんの画像を探しました。
比較的、絵を描いた時の中島さんと近い年代且つ表情の
写真がありましたので絵と並べてみます。
中島元.jpg
似てる。(でしょ)

自慢だけしてもしょうがないので、簡単に解説を。
似てるには理由があります。
似顔絵似せるのは『パーツの配置と形(と大きさ)』
と何度も書いた通りです。
眉目鼻口どれも合ってるのですが、特に目でしょうか。
配置。眉にくっ付けて怒りを表してます。
形。四白眼&黒目小さくし剥いた目にいて怖さを、
円さで愛嬌が出るようにしてます。

しかし記号化印象化共に足りず、似顔絵としての完成度は低め。
といったところでしょうか。
めでたしめでたし。


プロ似顔絵師ぽりすけ の『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 13:24| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

2020/6/3-19らくがきにがおえ解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル(+制作年と監督)
・俳優名(俳優ではない人もいます)
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

6/3映画『静かなる叫び』(2009ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
 マキシム・ゴーデット(働く女は嫌い。お母さんは好き。 犯人)
6/4映画『地球最後の男オメガマン』(1971ボリス・セイガル)
 ロザリンド・キャッシュ(地球最後の大人の女性 リサ)
6/5TVドラマ『妄執の女』(1984火サス)
 中丸新将(滅茶苦茶脇の甘い殺人グループの一人 赤沢医師)
6/6映画『暗黒街の対決』(1960岡本喜八)
 若松彰(殺し屋カルテットの一人 二川)
6/7『マッドマックス怒りのデスロード』(2015ジョージ・ミラー)
 アンガス・サンプソン(間違っても医者ではない オーガニック・メカニック)
6/8映画『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999ペドロ・アルモドバル)
 ロサ・マリア・サルダ(嫌な人に見えるがこれが普通の人 ロサの母)
6/9映画『極悪坊主』(1968佐伯清)
 武原英子(天ぷら学生に騙される田舎娘 光江)
6/10TVドラマ『風の中のあいつ#1』(1973田中徳三)
 伊吹徹(父の仇と言いながらスゴスゴ逃げる侍 大村タツゾウ)
6/11TVドラマ『正塚の婆さん』(1963近鉄金曜劇場)
 坂井すみ江(検察審査会の一人 市村カズコ)
6/12映画『白い粉の恐怖』(1960東映 村山新治)
 田崎重子?(冒頭三重街竜と仲良くラリってる 中毒者)
6/13映画『軽井沢夫人』((982にっかつ 小沼勝)
 吉川由美(ステレオタイプなクズ金持ちキャラ 亜矢)
6/14TVドラマ『死刑執行五分前』(1981土曜ワイド)
 紀比呂子(実は大嘘ついてたヒロイン 菜三子)
6/15TVドラマ『紬の里』(1979東芝日曜劇場)
 宝生あやこ(実母ならではの娘へのクールさが光る てい)
6/16映画『テレマークの要塞』(1965アンソニー・マン)
 ラルフ・マイケル(歯磨き粉が連絡ツール ニールセン)
6/17映画『令嬢肉奴隷』(1985にっかつ すずきじゅんいち)
 水城蘭子(実は糞婆だった義理の母 萌子)
6/18映画『逃れの街』(1983工藤栄一)
 鹿沼えり(銭湯の目の前で煙と臭いの出る焼鳥屋台を出してる おばさん)
6/19TVドラマ『女からの眺め』(1987火サス)
 城源寺くるみ(バブル時代のキャンギャル 辻井ユキ)


今回再掲載するのは映画『白い粉の恐怖』から
「アバンタイトルの冒頭、三重街竜と仲良くラリってる女」
を演じたお方、、、なのですがどうしても役者さんが特定できませんでした。
よって今回またしても公開捜査となります。
この方は一体どなたなのでしょうか??
田崎重子?.jpg
自分なりに調べた結果は

裏通りの中毒者3 田崎重子

とビリングされている田崎重子さんなのではないかと思うのですが、
断定はできません。
この名前の俳優さんを他の映画で見てみれば照合できるのですが、
この女性、映画はこの作品しか出ていないようです。
本当にこの映画にしか出ていないのか、名前誤記入(偶にあり)が
そのまま公式記録になってしまっているのか分かりません。
お名前をぐぐると私の描いた絵が上位ヒットする始末で、
調べている人間が自分自身のサイトに誘導されてしまう有様です。
ご存知である。または何か情報を持っていらっしゃる方は是非ご一報ください。
気になって仕方ありません。

そんな曰く付きな絵ですが、自分自身が気に入ってるってこともあっての
再紹介でもあります。
眼窩とマブタと目のライン
鼻孔-人中-上唇の流れ
これらの記号化と印象化。
身体が稚拙なくらい適当なのは、表情自体はリアルなので
バランスを取るために敢えてそう描いてある。
歯の線が二本なのは歯並び自体ではなく、
表情を出すための二本だから。
と、引いた線一つ一つに意味があり只何となく引いたって線が無い。
そんなところが気に入ってるところですね。下手なりに。

あとこれは一年前に描いた絵ですが、いつ頃からか偶然手にした
筆ペンで一連のらくがきを描くようになったのですが、
ここら辺から筆のタッチを活かせるようにしようかな、
と思い始めてますね。
筆ペンも100均の携帯用のものではなく、ちゃんとしたものを使い始めてて、
筆で描く意味が現れ始めてますね。筆の味が出始めてます。
そんな思い出の一枚でした。



で、この女性は誰なのでしょうか??


プロ似顔絵師ぽりすけ の『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 15:03| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

2020/5/14-6/2らくがきにがおえ 解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル・劇中に出ていた人物(=私が描いた人物)の名前
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

5/14映画『ファンタズムU』(1989ドン・コスカレリ)
アンガス・スクリム(まだ謎だらけの存在である トールマン)
5/15映画『ファンタズムV』(1993ドン・コスカレリ)
ビル・ソーンベリー(初作で死んだはずでしたがまさかの復活 ジョディ)
5/16映画『ファンタズムW』(1998ドン・コスカレリ)
レジー・バニスター(初作を見た人誰もがこいつが主役になるとは想像してなかった レジー)
5/17映画『ファンタズムXザ・ファイナル』(2016デビッド・ハートマン)
37年かけて完結。もう皆さんすっかり老けきりました。 
アンガス・スクリム&マイケル・ボールドウィン&レジー・バニスター&ビル・ソーンベリー
5/18TVドラマ『愛のふれあい』(1975東芝日曜劇場)
佳島由季(ステレオタイプな水商売姿をした患者)
5/19TVドラマ『愛』(1969東芝日曜劇場)
浮田左武郎(客のプライバシーにズケズケ立ち入る 八百屋)
5/20映画『ホームワーク』(1989アッバス・キアロスタミ)
マジッドとモライ(異常に怖がるマジッドと冷静沈着なモライ)
5/21映画『ロースルロイスに銀の銃』(1970オジー・デイビス)
レッド・フォックス(最後に大儲けする屑屋のバド爺さん)
5/22映画『ロリ・マドンナ戦争』(1943リチャードCサラフイアン)
ジョーン・グッドフェロー(ロミオとジュリエットみたく綺麗な話には全くならなかった シスターE)
5/23映画『女賭博師奥ノ院開帳』(1968大映 井上芳夫)
井上大吾(組のNo.2だがチンピラと何ら変わらない 寺田)
5/24映画『女賭博師みだれ壺』(1968大映 田中重雄)
杉森麟(ルール説明だけした 賭場立会人)
5/25映画『若くて、悪くて、凄いこいつら』(1962中平康)
衣笠力矢(酷いアダ名のヤクザ ハゲ)
5/26TVドラマ『女教師』(1978土曜ワイド)
川崎あかね(同僚と不倫真っ最中の教師 横山)
5/27TVドラマ『平戸にて』(1972TBS日曜劇場)
高林由紀子(喫茶店経営者兼不倫相手の 若い女)
5/28映画『朽ちた手押し車』(1984島宏)
志和慶子(ボケた祖父が嫌なせいか絶えず暗い顔の 信子)
5/29映画『黄金の犬』(1979山根成之)
福田豊土(温厚そうだがたった二人で熊ハンティングする猛者 ハンター)
5/30映画『昭和やくざ系図 長崎の顔』(1969日活 野村孝)
益田ひろ子(ヤクザが大嫌いだけど彼氏も親父もヤクザ 加代子)
5/31映画『やくざの横顔』(1970日活 小沢啓一)
丘みつ子(ヒロインの座を途中で取られる 恭子)
6/1映画『斬り込み』(1970日活 沢田幸弘)
藤健次(親不孝な牛乳屋の息子 猛)
6/2TVドラマ『旗本やくざ大江戸喧嘩帳』(1982時代劇スペシャル)
城戸卓(三角八朗に比べ全く目立たない 萬吉)
映画『ファイナルカウントダウン』(1980ドン・テイラー)
スーン=テック・オー(日本兵に見えなさ過ぎる シムラ)


今回再録する似顔絵の理由は、ただ単に自分の気に入ってるものってだけです。
似顔絵として思い入れを入れざるを得ないって私事なだけですが、
これは改めて紹介しなければいけないでしょう。いけなかないですけど。


『ファンタズム』1979年 監督ドン・コスカレリ。
当時のホラー・オカルトブームに乗って中ヒットくらいした映画で、
私はその昔TVのロードショー番組で見ました。日曜洋画劇場?
幼いながらに独特の世界観とラストのショックシーン、
何より銀色の宙飛ぶ鉄球という不思議な殺人アイテムが惹かれました。
それから月日が流れ、何と続編が作られて日本でも公開され流こととなりました。
ファンタズムU
子供ながらにそんなに売れた映画とも思ってなかったのにこれは意外で、
もう映画館に一人で行ける年にもなってましたし観に行きました。
確か新宿の映画館。見事にガラ空きの館内で映されたものは
「バブル時代の低予算アメリカアクション映画」と化した代物でした。
怒りや悲しみも不思議と起こらず映画館を出て、
逆に初作の面白さがより強く心に残り、これで幼き日に見た映画への思いが
完結できたような気にすらなりました。

そんなことで、自分の中で完結してしまったため聞き漏らしたのか以後の情報は
全く耳にしたことなかったのですが、相当後年になってから更なる続編が
作られたことを知りました。初作を汚した続編がそれなりに当たったのは、
私のように初作の面白さに魅せられて結果騙された人がマイナー映画とはいえ
地球規模で居たのでしょうか。
その後も何年か後に4作目も作られたようです。
すぐ後にでは無く何年かかけて、ってところに、これはもう売れてるからでは無く、
制作側の意地で作ってんだろうと確信しました。
そして4年前に「ファンタズムX」しかも「ザ・ファイナル」とご丁寧に完結を
約束したタイトルをひっさげ堂々シリーズは完結したことを昨年知りました、
シリーズ5作を通しで観ました。

初作から完結編まで37年間。
これがメガヒットシリーズならともかく、または逆に個人趣味制作上映ならともかく、
元々コスカレリなる無名の人が作った個人制作のような規模の映画で、
曲がりなりにも世界に配給される規模での映画でこの年月をかけて1シリーズの
映画を作り続けたのは相当凄いことです。
ジョージAロメロが1968年から2009年まで『○○ of the Dead』なるゾンビ映画
作り続けてましたけど、あれはメガヒットしてますからね。需要があった。
しかしロメロのゾンビ作品、一作一作は関連性なく別物です。
しかしこのファンタズムシリーズは完全に続き物です。お話しのメインキャラクターも
同じキャラが第1作目から最終作まで出続けてます。
しかも恐ろしいことにそのキャラクターを演じた主演俳優たちもずっと同じ人が
同じ役をやり続けてます。
その役者さん達はこの映画かまたは役、はたまたコスカレリをよほど好きだったのでしょうか、
付き合いが良すぎます。37年の間にハリウッドスターになっちゃったら
どうしてたのでしょうか?安ギャラでも出てたでしょうか?
国民的有名人になってもデビューしたローカル局MXテレビに夕方出続けている
マツコデラックスさんのように義理堅い良い方なのか心配になります。
しかし結果として幸いにも誰もハリウッドスターにはならなくてコスカレリはさぞ助かったことでしょう。


そんな良い人たち主要キャラクターを5回5枚に分けて描いたものです。
ファンタズム.jpg
主要4キャラを一枚ずつ描いたものを左半分に。
左上:シリーズを通じた悪役トールマン役の アンガス・スクリム(ファンタズムU)
左下:初作の主役少年マイケル役の マイケル・ボールドウィン(ファンタズム)
右上:途中から主役になるアイスクリーム屋レジー役の レジー・バニスター(ファンタズムW)
右下:初作で死にましたが復活したマイケルの兄ジョディ役の ビル・ソーンベリー(ファンタズムV)

右半分は、4人を一枚に描いた最終作ザ・ファイナルでの皆さんの老いっぷりとなります。
並びは左側の若き時と同じにしてあります。

似顔絵の出来としては大したことないですが、それぞれその作品に出てた時の
姿には見えるように描いてます。似てるはず。
子供だったマイケルくんの老けっぷりとトールマンのアンガス・スクリムの
老い方が凄かったですね。最終作のスクリムはもう映画制作現場に無理矢理
連れてこられたお爺さんになってました。
その作品がスクリムさんの遺作となりました。合掌。




プロ似顔絵師ぽりすけ の『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 11:34| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

2020/4/24-5/13 らくがきにがおえ 解説?

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル・劇中に出ていた人物(=私が描いた人物)の名前
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

4/24映画『にっぽん実話時代』南弘子(結構自分勝手な リエ子)
4/25映画『雲切獄門帳』加納美栄子(恩を仇で返す おきく)
4/26映画『月形半平太』尾上華丈(顔は怖いがカタギの商人 扇屋宗兵衛)
4/27映画『不信のとき』笠原玲子(プロフェッショナルなモデル ハルミ)
4/28TVドラマ『プレイガール#7』蔵一彦(稀に見るワルモノ顔のギャング スズオ(?))
4/29TVドラマ『青い幸福』山口美也子(極悪嫁 くめ子)
4/30映画『女系家族』浅野進治郎(尿蛋白を一目で見抜く 坂上医師)
5/1映画『女帝春日局』吉川十和子(何故か悪人キャラの正室 お江与)
5/2映画『前科者』志賀勝(唯一逃げずに残って見事に殉死するチンピラ タツ)
5/3Vシネマ『行き止まりの挽歌ブレイクアウト』堀内正美(情報屋のオカマ カズミ)
5/4映画『からっ風野郎』小山内淳(人違いして人を殺す殺し屋 半田)
5/5TVドラマ『プレイガール#9女は潜って勝負する』
相原昇?(銃を持ってるのにガール達に素手でのされるワルモノ 役名不明)
5/6映画『レッド・サン』モニカ・ランドール(世界のミフネに気に入られる新人娼婦 マリア)
5/7映画『マッドボンバー』チャック・コナーズ(社会マナーにちと厳しすぎるお方 ドーン)
5/8TVドラマ『殺意の重奏』天田俊明(事件にも無関係で全く悪くないのにクビになる完全な被害者 佐野課長)
5/9映画『解散式』市川純男(恩知らずなガキ供の一人 マー坊)
5/10映画『桜の森の満開の下』丘淑美(岩下志麻のドールコレクションになる 六条の姫君)
5/11映画『旗本やくざ』原田清人(直参旗本その他大勢の中では目立ってた人 遠山)
5/12映画『暗黒街の顔役』笹るみ子(まさかの最後を遂げる食堂ウエイトレス かな子)
5/13映画『ファンタズム』マイケル・ボールドウィン(初作は実に可愛かった マイク)

新コロのためコーナーやイベントなど現場似顔絵は
絶賛営業中止中なのですが、それはそれでやり残して放置してた
デスクワーク仕事ばかりしてて暇ではないのが不思議です。

そんな中なためか、過去のらくがきを見てもなんら思いつかないので、
今回は似顔絵の解説ではなくご相談です。人探しですね。
大昔のTVドラマ『プレイガール』#7と#9を見てからのそれぞれの一枚
#7 蔵一彦さんと#9 相原昇さんと『思われる』役者さんの絵を再掲載。

お二人ともゲスト(雑魚)ワルモノ役で、ロクにまともに写りもしない扱い。
エンディングクレジットを見て「この人のことかな?」なあたりをつけては
みたもののあてにはなりません。
その後お二人の名前をググってみたところ僅かに画像がヒットしました。
お二人の似顔絵と写真(この写真の人が本人であることが前提)をそれぞれ載っけてみます。
相原昇 蔵一彦.jpg
写真の人と絵の人は果たして同一人物なのでしょうかね?

写真下の方=似顔絵右側=蔵一彦さん これはなんとなくそれっぽいですね。
本人と照合して良いのではないでしょうか?
写真上側=似顔絵左側=相原昇さん、、、これは相当怪しいですね。
人違いによる別人なのか?
ドラマ当時とこの写真当時の相原さんの顔が違うのか?
はたまたあっさり全く絵の方が似てないのか!?


真偽のほどをご存知のお方からの情報をお待ちしております。
知ってる人いないと思いますけど。


プロ似顔絵師ぽりすけ の『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 11:52| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

2020/4/1-24らくがきにがおえ解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル・劇中に出ていた人物(=私が描いた人物)の名前
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

4/1『 夜の眼(TVドラマ)』直木みつお(すぐ追い出される お客さん)
4/2『ゾロ目の三兄弟』池田幸路(気の強い妻 松江)
4/3『紅顔の若武者織田信長』中村時十郎(先の読めないおじさん 織田信友)
4/4『極道』牧淳子(買い物にも行けない 北原の妻)
4/5『一本刀土俵入り(TVドラマ)』石崎恵美子(娘 お君)
4/6『虹』小笠原良智(余計なお世話な兄 和則)
4/7『女賭博師鉄火場破り』佐伯勇(ヌードスタジオマネージャー 恩田)
4/8『太陽のきずあと』林未来(悪い女 かおり)
4/9『むかしの歌(TVドラマ)』萬代峰子(全然意地悪く無い お辻)
4/10『りんりんと(TVドラマ)』小栗一也(ズケズケ物言う 老人ホーム所長)
4/11『別れて生きるときも』鈴木治夫(全く空気を読まない ヤミ市の髭の男)
4/12『かわいい毒草』ビヴァリー・ガーランド(口が悪すぎる アンの母親)
4/13『トコリの橋』アール・ホリマン(損な役回り ネスター)
4/14『反逆のメロディー』亀山靖博(ヤクザつーより暴走族 丸江)
4/15『最高殊勲夫人』三島愛子(プロ意識に欠ける接待 宿の女中)
4/16『「トラベラー』ハッサン・ダラピ(イランのカツオ君 ガッセム)
4/17『友だちのうちはどこ?』ババク・アハマッドプール(話を聞いてもらえない人 アハマッド)
4/18『姫君捕物控(TVドラマ#1)』森節子(ナイフによる事故死 小金)
4/19『女賭博師尼寺開帳』南州太郎(ヤクザより顔が怖い 流し)
4/20『女賭博師絶縁状』中田勉(強がりな バーテン)
4/21『喜劇特出しヒモ天国』森崎由紀(実に肝が太い かおる)
4/22『ダーティハリー2』ボブ・マクラーグ(男らし過ぎるお方 cabドライバー)
4/23『『七人の無頼漢』ジョン・ベラディノ(全く目立たない クリント)


今回は
・映画『女賭博師尼寺開帳』より。ヤクザ事務所で歌を披露する、
本職より顔が怖い、流し役の南州太郎さん
・単発ドラマ時代だった日曜劇場シリーズの一本『りんりんと』より。
渡瀬恒彦に「そこまで言うか」なズケズケ物言う、老人ホーム所長役の小栗一也さん
・映画『別れて生きるときも』恋人だった児玉清と司葉子の邂逅シーンで
ものの見事に二人の水を差す、ヤミ市の髭の男役の鈴木治夫さん
の3枚を再録します。
南洲太郎・小栗一也・鈴木治夫.jpg

別段この三つが良い出来だから紹介するのではなく、三枚には
共通してるところがあるからですね。
もったいつけることなくあっさり書きますと、
「顔(と肩くらいまでの身体)だけでないとこまで描いている」
ですね。

イラストではなく似顔絵で、更に正確に言うと、机上で有名人の似顔絵を
描くのではなく、モデルを眼前にした対人似顔絵の場合、
顔と肩まで描いて済ますことが多々あります。
作成時間に制約があることと、顔を似せて描くことに一生懸命なことと、
あと写実に描いちゃってると自然とそうなる。

似顔絵ですから、字面だけ見ますと顔が似てれば良いわけですから、
身体とかその他の部分を描く必要は絶対では無いです。
ですが、描いた方がいい場合もあります。
対人似顔絵において、顔以外の箇所、身体や手や仕草まで描いた方が
いい場合の、大体の目安を挙げます。


<特に小道具や服装、またはポーズに特徴がある場合>
これは分かりやすい場合ですね。
上に挙げた中だと鈴木治夫さん(と南洲太郎さん)のパターン。
スポーツ、例えばバリバリ野球のユニフォーム着たモデルが来た場合。
この場合モデル(客)から指定が来る場合も多いですが、特に客から
指定されなくても、野球が好きな人である為人(ひととなり)ってことですから、
折角簡単に得られた情報は素直に絵に組み入れた方がいいでしょう。
対人似顔絵は時間制約もあるでしょうしバットやグローブまで描かなくとも
スポーツマンって感じは出す=描く必要はあるので、上半身くらいまでで
それなり程度なポーズ位は描いた方が顔だけで済ますより良いでしょう。


<含みのあるような意味深な表情で描く(描かざるを得ない)場合>
上の絵では小栗一也さんのパターン。
素の表情でもなく大きく感情を出したようなものでも無い表情で描くのが
相応しいと思ったならば、手か仕草まで描いた方が良いでしょう。
それは顔だけ描くと、果たして何でその絵の人はそんな微妙な表情をしているのか
分からないからです。その表情を出しているその刹那を説明するために
補足として顔以外の情報を入れるわけ。
小栗さんの絵の場合は、劇中で渡瀬恒彦さんに嫌味たらたらなシーンの
恨んでいるような蔑んでいるようなその表情で描いたのですが、
その表情の補足としてタバコ持つ手まで描いたわけです。
この絵のタバコ箇所を隠して絵を見ると表情がぼんやりしちゃいます。
隠してみて見てください。ぼんやり。


<インパクトある表情で描く(描かざるを得ない)場合>
これは南洲太郎さんのパターンですね。
爆笑してる顔とか、大きく感情を出した時の顔で描きたくなるケース、
(または描かざるを得ないケース)あります。
その時はやはり顔だけでなく身体や仕草まで描いた方が良いでしょう。
理由の一つに、顔のインパクトが強くなるので顔以外を描いて、絵としての
バランスを保つって作用。
これを逆手にとって、真逆に本当に顔面しか描かないインパクト
重視する手もあります。ただし相当記号化してあるか誇張省略を濃く
してないと単なる生首ってだけになります。
二つ目は、これもまた何でこんな顔してるのか意味不明な絵に
ならないための、補足のためですね。
実戦的には、用紙一枚に複数の人間を描く仕様で、一人だけそんな
表情で描く(描かねばならない)時。他の人は素の顔で描いて一人だけ
変顔で描いたとする。描いた本人はそう描いたつもりでも、後日その絵を
見た他人はその変顔の人も素の顔だと思いませんか。ただの不細工な。
そのまま描いたらそう思われちゃう可能性があります。
簡単にでいいです。その人にはピースサインポーズで描きましょう。
あら不思議、そうするだけで不細工な顔した人でなく、
おちゃらけた明るい人(の絵)って分かります。


ざっくりと思いついたので三つでした。
なんか他にまだあったかもしらんけど、この件については
頭ん中の似顔絵技術のこと文章化してなかったです。

あ、あと身体とか描くのはついでなことなので
身体上手く描くことに血道上げると似顔絵ではなく
イラストに寄ってってしまうのでほどほどに。




プロ似顔絵師ぽりすけ の『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 18:29| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

2020/3/13-3/31らくがき似顔絵解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル・劇中に出ていた人物(=私が描いた人物)の名前
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

3/13『聖夜(TV)』蓮川久美(話を聞かない おかみさん)
3/14『恋や恋なすな恋』天野新二(ワルモノ 芦屋道満)
3/15『ガキ帝国』名村昌晃(危ないオモチャが命取り ゼニ)
3/16『激突!』ティム・ハーバート(GS店員)
3/17『馬喰一代』中尾純夫(優秀な息子 太平)
3/18『総長の首』品川隆之(部分白髪 大塚)
3/19『ダーティーハリー4』オードリー・J・ニーナン(見事な屑 レイ)
3/20『人妻恐怖地獄道路(TV)』轟謙二(役立たず GS店主)
3/21『現代鬼婆考・殺愛(TV)』田川恒夫(ニュースキャスター)
3/22『女賭博師乗り込む』耕田久鯉子(不幸な人 大滝志乃)
3/23『花と龍 青雲篇』任田順好(名物キャラ 島村ギン)
3/24『花と龍 愛憎篇・怒涛篇』香山美子(ヒロイン 玉井マン)
3/25『ダーティーハリー5』エヴァン・C・キム(殉職しない初バディ クワン)
3/26『岸和田少年愚連隊』辰巳裕二(名前通り双子の兄 サンダ)
3/27『モンキーボーン』クリス・カッテン(死体 オルガン・ドナー・スチュ)
3/28『田園交響楽(TV)』山本亘(全く頼りにならない若者 英介)
3/29『祇園花見小路(TV)』七尾伶子(ワルモノ つね)
3/30『ああ!新世界(TV)』扇谷治男(大人な後輩 千葉)
3/31『風船のあがる時(TV)』村井洋(迷惑な人 サコ)


今回は『花と龍 』の登場人物で映画でも多くの方が演じた島村ギン。
その中でも屈指のキャラっぷりだった『花と龍 青雲篇・愛憎篇・怒涛篇』での
任田順好さん。の絵をとりあげます。
任田順好.jpg

任田順好(=沢淑子)さんのお顔はググれば何点か画像ヒットします。
パッと見、顔を分析すると
「平べったく両目間が離れて見え、重い一重瞼の目つきが悪い」
と言ったところでしょうか。散々なこと書いてますけどすいません。
余計なことですが、この内「目つきが悪い」については
そんな役が多いからですね。性悪だとかガサツな人だとか
ドスの効いた役をよくやってた役者さんなので。
演ってたと言いますか得意としていましたね。素晴らしい芝居で。

さてそんなお顔をしてらっしゃるのですから、
当然正面から描くのが一番その特徴を現しやすいのですが、
私は敢えて今回真横向の絵を描きました。
敢えて、ですね。横向きの方が描きやすいってわけではなく。
何でかって理由は、今回この映画でのこの役での任田さんはこの構図が
面白くなるかなって思ったからですね。似顔絵は面白くないといけないので。
あと似顔絵は顔前向きなだけでなくこうゆうのもあるよって提示を
する意味もあります。変化球ですね。

正面向ばかりな絵が並ぶ中、真横向の絵があるとインパクトあります。
目立たせるのには効果的ですが、ウカと横向き構図で描いてはなりません。

似顔絵の基本は正面向き顔です。さっき変化球って野球に例えましたが、
野球の投手が投げる球は基本は直球=ストレートであって、
この球の走りがいいことで変化球が生きてくる。
ストレートが棒球だとバッターは変化球で空振りって効果はなく、
プロ野球の良い変化球投手は軒並み直球のキレも良いはずです。

正面画(=直球)がまず描けなければ横向き(=変化球)は描いてはならない。
少なくとも、正面顔を描いたイメージ画が頭の中で作れてなければ
描いてもロクなものにはならない、と言えます。

今回任田さんを横向きで描きましたが、当然正面向でも描けます。
と言いますか、正面画で描けるからこそ、
この拙作はパーツの記号化や配置が出来ているのです。
出来栄えについては、映画内役の表情も出てますし似顔絵としては良いのですが、
体の線やバランスが適当で一枚絵としては稚拙なのが残念。

正面画が描けるだけの情報(と描いたイメージ。なるべくなら描いてもみる)が
なければ描いてはならないと書きましたが、
横向きの写真一枚しか情報がないって事態もあります。
それでも「横向きしかないのにモデルを掴めて似顔絵として描けた!」
ってことはよほど実力と、それ以外の要素(=例えば昔見た正面顔の記憶が残っているなど。
まぁ言ってみれば)運も良くないと難しいですね。
その情報からだけでは、ほとんどの場合似顔絵とゆーより
「横向きの写真に似せた絵」ってだけになっちゃうでしょう。



プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 14:22| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

2020/2/21-3/12らくがき似顔絵解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル・劇中に出ていた人物(=私が描いた人物)の名前
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

2/21『スペシャリスト 』フランソワーズ・ファビアン(死様酷い悪女 バージニア)
2/22『哀しみの街かど』キティ・ウィン(男運無い ヘレン)
2/23『山麓』扇千景(順風満帆次女 菊乃)
2/24『おりょう』大出俊(勤王浪士 平馬)
2/25『勢揃い東海道』河原崎長一郎(情けない 神戸の長吉)
2/26『向田邦子の鮒(TVドラマ)』沖直美(訳わからん ツユ子)
2/27『夜の蝶』八潮悠子(女は皆可哀想らしい みどり)
2/28『天井桟敷の人々第一幕』ガストン・モド(乞食兼鑑定士 絹糸)
2/29『天井桟敷の人々第二幕』マルセル・エラン(名悪役 ラスネール)
3/1『日本フィルハーモニー物語炎の第五楽章』渡辺暁雄(本人)
3/2『事件』磯部勉(ありがちな若造 矢野判事)
3/3『剣(TVドラマ)』真船道朗(中途半端 壬生)
3/4『三匹の女賭博師』長谷川昭男(三下 鉄雄)
3/5『特攻大作戦』ドラ・ライサー(独軍将校同伴女性)
3/6『タイムマシン/80万年後の世界へ』アラン・ラング(理解力凄い フィルビー)
3/7『戦後最大の誘拐〜吉展ちゃん事件〜(TVドラマ)』神保共子(しっかり者 時計屋の妻)
3/8『親なし子なし(TVドラマ)』大鹿次代(典型的女将さんキャラ お里)
3/9『伝七捕物帖幽霊飛脚』宮島安芸男(仕出し料理屋 つた屋杢兵衛)
3/10『続激突!カージャック』A.L.キャンプ&ジュシー・リー・フルトン(ノッカー夫婦)
3/11『関東女賭博師』伊藤孝雄(いい人 眼科医乾)
3/12『ダーティハリー3』アルバート・ポップウェル(ムスターファ)


今週は東映オールスター時代劇『勢揃い東海道』に出てた、
実に情けないヤクザだがこの情けなさがなかったら話が進まなかった、
チョイ役だが重要な話の分岐点を作るキャラ=神戸の長吉。
を演じた河原崎長一郎さん。
の絵を紹介。

絵を見せる前に、この絵を選んだ理由の話を。
まあぱっと見ただのらくがきですね。
印象化はそんなに無くそのまま描いただけにも見える。
線はそれなりに走ってて、筆ペンの適度な強弱も何だか味わいになってる。
下手なりに。

しかしこの絵の一番いいところは、相当絵の中に
二人の人間=河原崎さん(=本人)と神戸の長吉(=役)が入ってる点ですね。
どう入っているのかを解説すると、
顔の造作(パーツの形と配置)は河原崎さん
表情(眉と目と口元と肩)は長吉
になっています。
以前にも何回も書いてますが、この一連のらくがき、
どうにも情報が少ない場合以外は
『映画(やドラマ)に出てる役者(など)本人に似せるだけで無く、
劇上のキャラクターにも似せる』ように描いてます。
一つの顔で二人の人間を入れてる。

映画(に出てる人)をイラストにしてるサイトとかあります。
一枚絵としては立派ですけど、似顔絵としては役者か役の
どちらかしか入ってない似顔絵か、または「自分のタッチでこの人を描きました」
な、イラスト似顔絵ってだけなものが多いようですね。
似顔絵師では無くイラストレーター が描いているから
そうなるのも無理もないことでしょう。

さて、その一つの人格=長吉がどう入っているのかは、
映画を見てもらうしかないでしょう。〜見ても出番は僅かな時間なのですが〜
本人の画像はググれば確認できますが、
恐らくお年をめした頃のものばかりヒットします。
しかしこの方、若い頃と年取った頃とで全然顔が違います。
画像と似顔絵を見比べると「全く似てねー」と思われるのも悔しいので、
若い頃の画像を見つけてきました。
東映映画「大喧嘩(おおでいり)」のスチール写真ですね。ヤフオクに出てた。
名作「関の彌太ッペ」撮ったばかりで乗ってる山下耕作監督作品で、
確か河原崎さんの役は神戸の長吉と違って喧嘩っ早い若い衆だったですけど、
まぁこの際仕方ないと。
ついでにどれくらい顔が違うかの比較として壮年な河原崎さんの画像も。
この画像は元々ゲイ向けのブログに載ってたものらしいです。何故??
河原崎長一郎.jpg




プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 11:13| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

2020/2/1-20らくがきにがおえ解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル・劇中に出ていた人物(=私が描いた人物)の名前
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

2/1『ミッドナイトクロス』デボラ・エバートン(存在感ある 娼婦)
2/2『父と子の炎(TVドラマ)』広岡瞬(作戦が甘い 共犯の友人)
2/3『ひばりのすべて』加藤喜美枝(グイグイ出て来る 母親)
2/4『明治天皇と日露大戦争』岡竜弘(目立たない 有馬中佐)
2/5『仮面ライダーTHE FIRST』小林涼子(不治の病は改造手術で完治 スネーク)
2/6『姿のない尋ね人(TVドラマ)』飛田ゆき乃(ボサーとしてるだけの友人 みなこ)
2/7『昼顔』ジュヌヴィエーヴ・パージュ(シャンパンがぬるい アナイス)
2/8『大奥十八景』伊織祐未(超成り上がる おなつ)
2/9『沖縄10年戦争』沢野火子(ぬか漬け臭いヤクザ妻 国子)
2/10『日本暴力団 組長』磯部玉枝(存在がテキトーなヒロイン ミナ)
2/11『三角・四角(TVドラマ)』菅原チネ子(見た目は母親な 姉)
2/12『ふるさと(TVドラマ)』小夜福子(姑の鏡 こと)
2/13『仮面ライダーTHE NEXT』加藤和樹(成金V3 風見志郎)
2/14『L.A.大捜査線 狼たちの街』ダーラン・フリューゲル(情報屋ヒロイン ルース)
2/15『サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼』フランコ・ペシ(発明家? プロン)
2/16『若草物語』早川由記(下宿のおばさん ふみ)
2/17『赤線地帯』入江洋佑(バカ息子 修一)
2/18『煙の王様(TVドラマ)』相原ふさ子(しっかり妹 ふさ子)
2/19『友、遠方より』中村公三郎(参詣の老人)
2/20『遊星からの物体Xファーストコンタクト』ウルリク・トムセン(悪いハカセ ハルヴァーソン)


の中から今回紹介は
映画『昼顔』の秘密クラブ経営者役。ジュヌヴィエーヴ・パージュ
TVドラマ日曜劇場『三角・四角』冒頭一瞬だけ映る
ヒロイン松尾嘉代の姉役。菅原チネ子
の二枚を並べて。
菅原ちね子.jpg
構図が同じだからよくわかると思いますが、
全く共通点が無い人物(絵)となっております。
違う人間を描いてるから当たり前、と言いたいところですが
そうは描けない人は多いと思います。

人物が同じようになってしまうのは、
要は違う描き方が出来ないことに尽きます。
原因は大きく分けると
1:パーツの(描き方の)種類が少ない
2:人物の見分けがつかない
です。

今日は「1」について少し書きます。
「2」は後日。


1の場合。
似顔絵は見たままを描くわけでは無いので、
複雑すぎる情報を簡略化して描いてます。
その簡略化した描き方が、1つ(とか2つとか少ない種類)の
描き方で複数の人物を描くから、同じ顔になっちゃうわけですね。
だったら
顔のパーツ(=目とか鼻とか)を記号化(=簡略化)したもの
を、それぞれの箇所のパーツそれぞれ複数の描き方で描けるように
ようにすればいいわけですね。

この人の鼻はこの描き方で、目はこれ。
ってモデルの顔ごとに描き分けられれば同じ顔にはならない。
描けるパーツの種類を増やせば解決します。
(似てるかどうかはともかく)

簡単そうに書きましたが、
「なかなか増やせない」
って人もいると思います。

それは自分一人の、頭の中だけで描こうとしてるからでしょう。
自分の引き出しには入ってないものを、
引き出しの中を探って目当てのものを見つけようとしている

行為ですね。
そりゃ見つからないでしょう。

じゃあどうすればいいのか。
他人の引き出しを覗くわけですね。自分の中には無いのだから。
他の人の描いた絵を見る。見て、パーツをどう描いてるのかを
参考にして描く。真似して描く。盗むと言ってもいい。

真似とか盗むとか言われると抵抗があるかもしれませんが、
パーツを記号化して描く=見たままを描くわけでは無い、
(似顔絵は見たままは描かない事は今までにたくさん書いてました)
ってことは何がしらのアイデアが入ってるわけです。
全く「無」から出て来るアイデアなんてゆーものはなく、
誰しも意識していなくても、何かからの真似が入っているのです。
完全なオリジナルなんてものは無い。
どんどん盗めばいいと思います。

しかし「真似」で描いている線はいかにも頼りがありません。
自分の線で描いて無いからですね。

一回で自分の線にならなければ自分の線になるように
何回も描いてみましょう。
そうすると真似ただけのものとは違う線になっていきます。
原型を自然に忘れていくからです。
すると、パーツのエッセンスだけは残った自分の線で描かれた
ものが残ります。
これがオリジナルです。

どんどん盗んでどんどん自分のものに昇華していきましょう。

あ。パーツ一個どころか、パーツ全部をモロにそのまんま
描いちゃって、しかも自分の線にすることなく放置して描いてますと
これは真似ではなく所謂パクりですね。
技術を盗むのと創作をパクるのは違います。


プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 09:16| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

2020/1/16-2/2らくがき似顔絵 解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル・劇中に出ていた人物(=私が描いた人物)の名前
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

1/16『女の賭場』高村栄一(タヌキ親父 仙波)
1/17『女賭博師』川口小枝(自己中 滝子)
1/18『女賭場荒し』甲千鶴(親切芸者 テン子)
1/19『御用船炎上』佐竹明夫(頼りない主人 宗右衛門)
1/20『徳川いれずみ師 責め地獄』藤本三重子(大活躍の お竜)
1/21『エスケープ・フロム・L.A.』ヴァレリア・ゴリノ(不運な タスリーマ)
1/22『アパッチ』ジーン・ピータース(強い人 ナリンリ)
1/23『空飛ぶ戦闘艦』ディビッド・フランカム(クズ男 エバンス)
1/24『日本任侠伝#1(TVドラマ)』桑山正一(日光の円蔵)
1/25『ワーテルロー』アイヴォ・ガラーニ(変わり身早い スルト将軍)
1/26『死人が夜ピアノを弾く(TVドラマ)』斉藤絵里(音痴でひ弱い まゆみ)
1/27『特命捜査室#1(TVドラマ)』高城丈二(リーダー?の 旭吾郎)
1/28『忍びの者#1(TVドラマ)』牧田正嗣(意外に大胆 樫蔵)
1/29『水の中のナイフ』ヨランタ・ウメッカ(眼鏡センスの クリスチナ)
1/30『ふたり大名』間辰太郎(藪か名医 良庵)
1/31『風雲児織田信長』木南兵介(大局観 百姓B)
2/1『ミッドナイトクロス』デボラ・エバートン(インパクトある 売春婦)
2/2『父と子の炎(TVドラマ)』広岡瞬(猿智恵の 共犯)

の中から『女賭博師』の自己チューサブヒロインを演じた
川口小枝さんの絵を紹介。
するだけですね。解説する時間ありません。
画像と絵を比較ください。
川口小枝.jpg




プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 17:29| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

2020/1/1-15らくがき似顔絵解説

ぽりすけのらくがき似顔絵
直近にアップしたらくがき似顔絵の中で1枚を取り上げて解説します。
映画の解説をした方が楽で楽しいのですが、似顔絵を描いてる
(けど上手く描けなくて悩んでる)人に向けて、似顔絵の解説や捉え方、
描き方の説明をしたりしなかったりしてます。

アップした日付・映画やTVドラマのタイトル・劇中に出ていた人物(=私が描いた人物)の名前
・劇中の役名(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略。)

1/1『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』
矢崎知紀(ヤバイ子供 三木一郎)
1/2『音なし源 さの字殺し(TV)』佐藤万理(気の毒な嫁 おひで)
1/3『駿河遊侠伝 度胸がらす』旭輝子(大人な人 おせん)
1/4『組織暴力 兄弟盃』一色美奈(実は気が強い 伸子)
1/5『とむらい師たち』多賀勝(霊柩車運転手 ラッキョウ)
1/6『どぶろくの辰』上村幸之(タコ殴られる 素人A)
1/7『ビー・バップ・ハイスクール』古川勉(マンガの容姿は流石に無理 信雄)
1/8『衝撃!売春都市』菅野直行(甘ちゃんチンピラ サブ)
1/9『孤独の賭け#1(TV)』関弘子(ちゃっかりもの ボヌールのマダム)
1/10『彫師伊之助捕物覚え 消えた女』織田あきら(ワルい男 由蔵)
1/11『哀愁のサーキット』槇摩耶(レースの賞品 洋子)
1/12『シャロン砦』ロバート・プレストン(脇悪役マーストン)
1/13『悪の紋章#1(TV)』神戸一郎(チンピラから亡霊に 花井)
1/14『若者よ挑戦せよ』金原亭馬の助(ガマの油を演ってた 噺家)
1/15『ミュータント・フリークス』アレックス・ウィンター(色々起こった リッキー)

の中から今回紹介は
『若者よ挑戦せよ』の中で、セコキンの船戸順を前に
「ガマの油」を演ってた噺家役で本物の噺家でもある
初代金原亭馬の助師匠の絵です

往年の人気噺家さんですのでググると色々ヒットしました。
中でも落語のCDジャケに似顔絵を使っているものがありました。
こんな機会はなかなかないので、せっかくだから
ご本人の写真とジャケ似顔絵と拙作の似顔絵を載っけてみましょう。
写真著作権云々ありますが、どうやら出自を記載すれば
画像載っけても良いようです多分。
落語CDの宣伝もしておきますからOKではないでしょうか。
馬の助師匠.jpg
まず右側の本人の写真は、
ユニバーサルミュージック合同会社
「粗忽の使者・厩火事」収録
『なごやか寄席シリーズ 初代金原亭馬の助』から。
厩火事は私も大好きな噺です!

左上の絵は、ポニーキャニオン
「しの字嫌い・芋俵・権助芝居・転失気」収録
『金原亭馬之助名演集2』から。
4噺とは豪華!

左下の絵は、NHKサービスセンター
「七段目・火焔太鼓」収録
『NHK落語名人選(44)金原亭馬の助』から。
大ネタ火焔太鼓!

そして拙作
金原亭馬の助.png
となります。

拙作のもそうですが、ポニーキャニオン版は
掲載写真の頃より若い頃のお姿から描いているようですね。
ま、いいでしょう。

こう比べると、まさに三絵三様ですね。
一人の人を描いてるのになんでこうなるのかは、
作家のタッチだけが要因ではありません。
描く人物の「どの時」を脳内で選択したのか、によるからですね。
切り取る「時」とはポーズではなく、掴んだ雰囲気そのものです。
CDジャケの二枚はその上で構図などを
練られて描かれていることと思います。
制作時間の極々短い拙作でも、たとえ映画上でわずかにしか映らなくても、
それなりに掴んで練ってから描いてます。
(あまりにも写りが酷いなど情報が少なすぎるものは投げちゃってることもあり)

「どの時を選択するのか?」とか「雰囲気を掴むとは?」
ってことになりますが、
その基準はその人の「印象」からしかありません。
どの印象が強かったのか、です。
印象全てを入れるのではなく、強い印象だけを入れる。

似顔絵は印象を描くものですから、
描く前に印象を感じてなければ描きようがないです。
「感じて」から「描く」
数多の印象を入れるのではなく強い印象を選んで描く。
「感じ」たものを「決めて」から「描く」
って順番ですね。脳内の。

↑この中には似せるために必要な脳内作業はまだ入ってません。
それはまた後日。
長い文章は疲れるので。



プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 21:30| Comment(0) | らくがきにがおえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする