2018年11月30日

2018/11/22-28映画らくがき似顔絵解説

ぽりすけの映画らくがき解説。
最近はなるべく似顔絵の描き方などについても書くようにしてます。

映画タイトルは『 』内。続いて演じた人名。( )内が役名。
*後は似顔絵の解説。たまに映画の感想も。
(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略)


11/22『嵐来たり去る』富永美沙子(時子)
*相当意地悪な役でもあるが、目力(めぢから)が相当な役者さん。
その源泉は白目の強さにありますが、よりそれを引き立たせるために
四白眼で描いてある。黒目の配置をわざとズラして描いてあるのもそう。


11/23『海軍兵学校あゝ江田島』三角八郎(芳賀)
*名前も風貌もちょっと変わってるので、昔のドラマとか
見てた人は知ってるかもしれない俳優さん。ですが、
相当若い頃の姿の絵なので見てもピンとこないかもしれません。
似てはいますが、描いた私もピンと来てません。
映画:戦争映画、と言いますか...愛国映画...なだけではなく、
なんとゆーか「愛国愛校愛母映画」でよろしいんでしょうか
映画ジャンルとしては。


11/24『あゝ特別攻撃隊』瀧花久子(志乃)
*この人をググってみたら、なんと大正時代に女優になってる方で
滅茶滅茶昔の写真がヒットします。先の三角さんとは逆で、若い頃の
画像はヒットしますが、お年を召したお姿はなかなか拝見出来ない。
その若い姿を見ると、美人ではあるが高過ぎるくらいの鼻と盛り上がり
気味の頬肉が確認できます。私の描いたお年を召したお姿のその顔も
そうなっているので、安心しました。なに?このまとめ方。
映画:大映戦記モノ「あゝ」シリーズ第二弾。コンセプトは前作と同じですが
今作は「日本の軍人さんは美しひ」が加わってパワーアップ。


11/26『あゝ零戦』小柳徹(峯岸)
*映画では、地味で幼な顔の軍国少年兵役。絵もそんな感じが
出ていますが、この人もググってみた画像。歌手だったのか
なかなか気合入った写真が見えますが、すごい二重瞼のものもある。
(映画ではそうは見えなかったような、、、昔っからアイプチあったのか?)
描いた絵は(映画ではそう見えたように)小さい一重瞼の目で描いた。
じゃあよっぽどハズした絵になってるかと思いきや割りと似てる。
それはパーツ配置のバランスが合っているから。
パーツは形だけ見るのではなく、どこに置くかの配置を考えること
映画:「あゝ」第三弾。初作の「母校ラブ」映画から、
今作は「ゼロ戦ラブ」映画になってた。


11/27『あゝ海軍』水木正子(のぶ代)
*この人もググってみましたが、、、よくわかりません。
と言いますか、この映画にこの役で出ていたのが水木さんなのかも
怪しい。無責任で申し訳ありません。昔の映画のクレジットは適当な
ものもあるし、現在の映画データっからして間違っているものもあり。
まぁ絵自体も一瞬映った顔から描いただけの苦しいものなので、
いつか確実に水木さんと確認できたら再チャレンジとゆーことで。
映画:「あゝ」第四弾。今作は「軍人は軍人たれ」ってカンジでした。


11/28『あゝ陸軍隼攻撃隊』平井岐代子(寿美)
*「あゝ」2作目の瀧花さんと同じ息子が軍人のお母さん役の方。
二人とも「お祖母さんじゃなくて?」な老け方ですが、お母さん。
細くて鼻が高く頬骨が目立つとこも共通ですが、似顔絵にすると
ちゃんと違う。違いを一言で言うと「陽気と陰気」の差。
(勿論役者ではなく映画の役として。)
いたずらに描いてるだけではなく、絵にキャラ性を入れているから。
映画:「あゝ」第5作目にして最終作。さて今作はどんなおかしな
(イカれた)ことになっているのやら、と思っていたら、
加藤隼戦闘隊の加藤隊長の戦争伝記モノで実に普通。残念。


今週の一枚。陰気な方のお祖母..ではなくお母さん。
DtGJCmxUcAAcGNH.jpg-large.jpeg


プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 19:18| Comment(0) | 映画似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日からオリナス錦糸町店が開催です!

ポートレックス『にがおえやさん』
似顔絵実演店ショップ
今週営業の担当似顔絵師などについてのご案内です。

オリナス錦糸町店が明日から開催!
年始までの営業となっております。
お早めにご来店ください!!


『オリナス錦糸町店』(東京都)
(10〜18時営業 1階オリナスモール)
12/1(土)2(日) プロ似顔絵師 ポリスケ

『シァル鶴見店』(神奈川県)
(11〜18時営業 6階レストランフロア)
12/1(土) イラストレーター 杉浦のぼる
12/2(日) 漫画家 丸岡九蔵


・似顔絵業界最安値!色紙似顔絵お1人様=900円!安い!!
・完全色付きで色紙似顔絵がお1人様5分で完成!早い!!
・鶴見駅直結徒歩0分!錦糸町駅徒歩5分近い!!
・プロ似顔絵師・漫画家・イラストレーターがお描きしてます
 安心しておまかせください!似てる!!
・過度に誇張しない優しいタッチの似顔絵です!かわいい!!
・プレゼントに似顔絵を♪写真から似顔絵も描けます!ペットもOK!便利!!

他店には無い、様々なサービス満載です。
是非ご来店ください。

最新の営業日時情報・ご来店予約などは、お気軽にお問い合わせください。


プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 13:00| Comment(0) | 似顔絵実演店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

2018年11月28日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

2018年11月27日のらくがき




posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

2018年11月24日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

2018年11月23日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

2018年11月22日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

2018年11月21日のらくがき


posted by にがおえやさん at 00:01| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

2018/11/15-21映画らくがき似顔絵解説

ぽりすけの映画らくがき解説。
最近はなるべく似顔絵の描き方などについても書くようにしてます。

映画タイトルは『 』内。続いて演じた人名。( )内が役名。
*後は似顔絵の解説。たまに映画の感想も。
(俳優、役者、タレント、有名人、無名人など人名すべて敬称略)


11/15『博徒対テキ屋』飯沼彗(村上)
*(毎週毎週こう紹介してるような気がしますが、)
一瞬だけアップになった脇役を描いた。
印象化もなく肖像画のようですが、相当雰囲気は掴んではいるし
なんだか面白みもあるようにも見える。それは顔に比して
体を小さく描いているからの、マンガ絵としての愛嬌があるからってのもある。
最近考えてた『マンガ画と肖像画と似顔絵』について書き始めると
大変だから今は書かないけど、またいつか。(無責任)
映画:博打打ちとゆー職種や人種を初めて解き現した映画シリーズの
第三弾。今作はテキ屋を紹介。世の中のいろんなお仕事の勉強にもなりますね。


11/16『アルコール先生お好みの気晴らし』ロスコー・アーバックル(酒飲み)
*(これまた毎週書いてる)1世紀以上前の画像悪い映画の脇役を描いた。
今作も開き直って「酔っ払いのマンガ画」で描いてるが、
両目を対象に見えるが非対称な眼差しで描いてる印象化が面白い
効果を出してはいる。もんの凄い泥酔酔っ払い役で、大昔の映画特有の
役になりきるメイクのため、似てるかの保証は無いのですが今ロスコーさんを
確認してみた。あ、有名な喜劇役者さんだったのね。意外に描けてました。
映画:酔っ払いに酒をあげると見せかけてあげない嫌がらせやら、
黒人少年店員にタバコの火&蹴飛ばし。女の客には跡をつけて家の中にまで
侵入するストーキング。これ全部主役のチャップリンがやってること。酷いっす。


11/17『荒野の皆殺し』ダン・ヴァディス(ラモン)
*まあ役者に似せて描けてはいるし、役上の悪者なカンジも描けては
いるが、今二つ、な出来。映画見た身からすると不満あり。自分で描いておいてなんですが。
身体ですね問題は。この役者さんなかなかのマッチョ体型してた。
それが描けてないから。身体の特徴を描く『似体絵』について以前描いたと
思いますが、そこまでのものでないにしても、似せるためには身体も
描いた方がいいことが多々ある。
『身体からでも似せる』わけ。
似顔絵を教えるときの常套語「よく見ろ」なのですが、そう言うと
顔の中のパーツの一つ一つをよく見ようとする人がほとんど。
「その人の全体をよく見ろ」ってことなのです。
単焦点だけでなくズーム機能のあるカメラで見なければいけない。
映画:もうマカロニウエスタンって似たような日本語タイトルばかりですが、
今作のタイトルは相当奮ってます。しかし内容はタイトルに及んでないので
覚悟して観てください。


11/19『地底王国』ダグ・マクルーア(デヴィッド)
*これまたゴツイおっさん。さっきの絵と違いこれは
首の太さを現してる似体絵の一つと言える。
輪郭線を一部消失し首と一体化させる描き方による。
あと何気に、頭蓋骨の額部分の盛り上がりも輪郭線と
一体化してある。一見耳のようにも見える思い切った記号化が
効いてる。
映画:世の中にそんな人種がいるのか知りませんけど、
駄作特撮映画マニアならば見るべき。


11/20『草の上の昼食』カトリーヌ・ルーヴェル(ネネット)
*これはそーとーやる気が無い絵ですな。
線が汚いしバランスも悪い。似てなくもないのだが、女優の
良さも出てないし、何よりも描いた本人なのに
一体この絵で何が言いたいのか伝わらないのが最低最悪。
何故描き直さなかったのかが疑問(それだけ当時やる気がなかったのだろう)
映画:他愛もないコメディ映画だが、南フランスの自然の美しさを
堪能できる。南仏観光PR映画?


今週の一枚。
DsXcGSNU8AAxh9o.jpg-large.jpeg


プロ似顔絵師ポリスケの『にがおえやさん』
posted by にがおえやさん at 19:49| Comment(0) | 映画似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする